無駄遣いをやめるコツとは?お金を使わない方法で節約生活

無駄遣いをやめるコツとは?お金を使わない方法で節約生活

 

無駄遣いをやめるコツとは?出来るだけお金を使わないで節約生活できる方法があります。無駄遣いをしているつもりはなくても、なかなか貯金できないあなたのお金の使い方には、ある特徴があるのです。

 

なぜか、いつの間にかお金がなくなってしまう・・・家計簿も続かない・・・そんなあなたは、お金の使い方の基本をおさえることから始めましょう!

 

 

無駄遣いをやめられない!貯金できない人の節約生活とは?

無駄遣いをやめられない!貯金できない人の節約生活とは?

 

無駄遣いをやめるにはどうしたらいいのでしょうか?無駄遣いをやめるコツさえ身に着けることができれば、なかなか貯金ができないあなたでも、簡単に貯金ができるようになります。

 

無駄遣いしているつもりはないのに、まったくお金がたまらないというあなた。お金を貯めたいと考えているのに、なぜか毎日いろいろな出費が重なってしまい、気が付けば、給料日前にはお財布が空っぽ。

 

毎月そんな生活を繰り返していませんか?これが、お金をなかなか貯められない人の典型的なパターンです。このパターンをなんとか変えていかない限りは、永遠に貯金ができない人生を送ることになってしまいます。

 

人生何があるかわかりませんから、ある程度の貯金は必要です。私が若い頃、先輩たちに「何か大きな出来事があるときは、100万・200万単位でお金が必要になることが多い」と、そう教わりました。

 

何か大きな出来事があるときは、100万・200万単位でお金が必要になることが多い

 

それぐらいの出費をいつも覚悟できている貯金すらなければ、万が一のことが起こったとき、いきなり生活が立ち行かなくなるといった、予想外の危機的な状況になってしまうことがほとんどです。

 

だから、とにかく貯金しなければ!と焦ってしまい、無計画に財布の紐を固くしてみるのですが、貯金することを習慣にできていないあなたが、いきなり節約をしたところで、長続きなんてしません。

 

それどころか、無計画で無理な節約は、我慢を強いられるので、我慢した反動で余計に無駄遣いが増えて、貯金どころか、ますますお金がなくなってしまうことになります。

 

無駄遣いをやめるコツとは?貯金を簡単にできる方法

無駄遣いをやめるコツとは?貯金を簡単にできる方法

 

貯金をする習慣のないあなたが、無駄遣いをやめて、無理なく貯金をしていく簡単な方法というものがあります。ですが、その前にお金に対する考え方や捉え方を少しずつ変えてみましょう。

 

その第一段階として、最近あなたが買ったものを書き出してみましょう。まずは昨日の分だけでもよいです。覚えていますでしょうか?覚えていないあなたは、今日の分でもいいですよ。

 

すべて書き出せましたか?では、次にその書き出したものを「必要だったから買ったもの」「欲しかったから買ったもの」の2つに分けてみてください。

 

「欲しかったから買ったもの」は、どれくらいありましたか?この「欲しかったから買ったもの」が少なかったあなたは、無駄遣いが少ないと言えます。

 

逆に「欲しかったから買ったもの」が多いと感じてしまったあなたは、残念ながら無駄遣いが多いようです。その場の欲求にまかせて買い物をしてしまう傾向があります。これが無駄遣いの正体です!

 

無駄遣い

 

無駄遣いの意識がなく、何も考えずにいつの間にかお金を使ってしまっているのです。これから買い物をするときには、必ず「必要か?」それとも「欲しいのか?」のどちらかに当てはめて買い物をしてみましょう。

 

金額の大小に関わらず、「必要なもの」or「欲しいもの」と、意識しながらお金を使うようにしてみましょう。お金の使い方を意識できるようになると、自然とお金が貯まるようになります。

 

「必要」or「欲しい」と考えながら、お金の使い方を意識していくことが、無理なく無意識で自動的に貯金する習慣を身につける極意なのです。

 

無駄なお金を使わない節約術!3つの支出に分けてみよう

無駄なお金を使わない節約術!3つの支出に分けてみよう

 

さて、「必要」or「欲しい」の2つを意識して買い物をしていくわけですが、すべて「必要」なものだけにしかお金を使ってはいけないということではありません。

 

もちろん「欲しい」ものに使うお金を減らして、「必要」なものだけにお金を使っていけば、自動的に貯金額は増えていきますが、あまりにストイック過ぎると、無理な我慢が限界を超えてしまい、気持ちが折れてしまいます。

 

節約は続けていくことが大事ですので、欲しいものをあまりにも我慢し過ぎると、ストレスが逆効果となり、貯金の習慣どころかリバウンドで無駄遣いが増えてしまいます。

 

そもそも必要なものや欲しいものというのは、人それぞれ十人十色です。そこで無駄なお金を使わない節約術として、3つの支出に分けて考える方法をご紹介します。

 

支出は【消費】【浪費】【投資】の3つに分けて考える

【消費】【浪費】【投資】

 

無駄なお金を使わない節約術として、あなたの普段の支出を3つに分類してみましょう、3つの分類とは【消費】【浪費】【投資】の3つです。

 

消費

消費

 

消費とは、生活するのに欠かせないものや、公共料金などのような、使用料の支払いなどにお金を使うことを「消費」として分類します。たとえば、食料品、住宅費、水道光熱費、教育費などです。

 

浪費

浪費

 

浪費とは、生活に必要でない無意味なものにお金を使うことです。いわゆる無駄遣いのことです。たばこやお酒、コーヒーなどの嗜好品や、過剰な買い物、ギャンブルなどです。

 

投資

投資

 

投資とは、将来のあなたのためにお金を使うことです。習い事や本などを買ったり、資格取得など、何かを学んだり、スキルを身に付けることにお金を使うことです。貯金も投資の中の一つになります。

 

無駄遣いを減らして貯金するなら【浪費】を減らす

浪費を減らす

 

お金を使うときには、【消費】【浪費】【投資】の3つの中から、どれに当てはまるのか?を考えてみましょう。3つの中で【浪費】に当てはまる支出を減らしていきましょう。

 

【浪費】を減らすだけでも劇的に無駄遣いを減らすことができます。また、【消費】の中にも意外と【浪費】が隠れているものです。例えば、生活に欠かせない【消費】に当たる食費について考えてみましょう。

 

食費だけのことを考えて【消費】【浪費】【投資】の3つに分けてみると、生きていくために必要な食事は【消費】ですが、カフェでコーヒーやスイーツを楽しむのは、使わなくてもいい遊びのお金なので【浪費】に該当します。

 

カフェは浪費?投資?

 

しかし、人脈作りのために、カフェでお茶をしたり、外食をするということであれば【投資】ということになります。このような考え方で、何か削減できる【浪費】になっている支出はないか?を見極めていきます。

 

ただ、【浪費】をまったくなくして、無駄遣いを減らす出来ればいいのですが、逆にストレスが溜まってしまいます。あなたにとって無理なやり方は、継続することが難しいです。

 

【消費】【浪費】【投資】の理想の割合

【消費】【浪費】【投資】の理想の割合

 

節約で大事なのは、継続していくことです。そこである程度の基準として【消費】【浪費】【投資】3つの理想の割合を決めて、理想の割合に近くなるようにしましょう。

 

一般的に【消費】【浪費】【投資】の理想の割合は、【消費】70%、【浪費】5%、【投資】25%というのが理想のバランスです。

 

月収15万円の人であれば、【消費】105,000円、【浪費】7,500円、【投資】37,500円です。【消費】や【浪費】が、理想の割合を上回っていれば、その部分を削減して、すぐに【投資】(貯金)に回すように心がけてみましょう。

 

1円単位でもケチっていくような、なんでもかんでも節約するようなやり方は、継続することが難しいです。いくらお金を使うか?ではなく、支出のバランスを考えるのです。

 

バランスよく【消費】して、ちょっとぐらいの【浪費】は許してしまい、あなた自身への【投資】は積極的に行っていくことが、無駄遣いを減らしながら豊かな人生へ繋げるきっかけになるのです。

TOPへ